• 映像制作会社でアルバイトをする時の注意点

    映像制作会社で働くためには正社員や準社員、アルバイトの三種類があります。


    それぞれで選ぶと良い映像制作会社があるので覚えておきたいところですが、特にアルバイトの場合は注意が必要です。



    最近ではかなり少なくなってきたのですが、今も映像制作会社では職人気質の人がいて、仕事はまったく教えてもらえず、見て覚えろなどといった方針のところもゼロではないのです。映像制作会社で骨埋める覚悟があるなら、そのようなところで学ぶのも手ですが、単なるお小遣い稼ぎのつもりならすぐに辞めなくて良いように避けておくに越したことはありません。
    そこで正式に面接を申し込む前に、どんな職場なのかを一度見学させてもらうと良いでしょう。厳しいところならその時点で断られる可能性もあるため、見極めるのはそんなに苦労はしないです。

    毎日新聞に有益な情報の紹介です。

    慢性的に人手不足と言われている業界のため、よほどのことがない限りはアルバイトの採用を断れることはないのですが、逆に仕事の量が多く、場合によっては残業が当たり前などといった職場もありますから、先に確認しておくようにしたいです。



    仮に時間外労働をするのに問題がないなら、その場でしっかりといくら貰えるのかの交渉をしておくのは必須です。初対面の人にお金の話をするのは気が引ける人もいるのでしょうが、勤務が始まってからでは言い値になってしまうため、事前に取り決めをして契約書に入れてもらっておくと、余計なトラブルを招かずにすみます。