• VR関連の映像制作のアルバイト

    平成28年はVR元年とマスコミなどで騒がれましたが、今後は製作者サイドに限らず、ユーザーサイドにも浸透してくることが予想されます。


    その背景にはヘッドマウントディスプレイの認知度が高まっていることがあり、一度火がつけば爆発的に普及するようになると考えられます。
    そのように、VR関連ビジネスは成長産業の柱となることが期待されており、市場に参入する企業が急激に増加しつつあります。


    中でも映像制作会社の動向は目を見張るものがあり、いち早く参入した企業が有利な展開を見せています。



    その為、新規社員やアルバイトの募集にも力を入れており、一大コンテンツメーカーに成長することを目指しています。
    VRの分野は未だまだ未成熟な市場なので、新規に参入したとしてもプロフェッショナルとして活躍できるチャンスがあるわけです。

    VR関連の映像制作会社の多くが、製作スタッフとして社員やアルバイトを募集しており、アルバイトから正社員になる事もできます。

    そして、今後の販路拡大や新技術の導入のためには、専門のスタッフを揃える必要があるわけです。

    日本経済新聞の特徴をご紹介する情報です。

    映像制作の経験者は特に好待遇で迎えられており、将来の人材不足が懸念されます。

    その為、未経験者にも目が向けられており、入社してからのサポート体制も整っています。


    成長市場では誰もが初心者と同じようなものなので、全ての人にとって可能性のある仕事となるわけです。



    仕事内容としても、企画に始まり、キャスティングやカメラワーク、そして編集と興味の尽きない仕事だと言えます。